プロフィール

ヤマハ除雪機“YSF1070”の使い心地、保存は簡単?に詳しく答えます!

音が静かで扱いやすいヤマハ除雪機YSF1070。
この除雪機に興味を持っていた方、絶対に満足です。
億劫だった冬が、逆に楽しみにさえ感じますよ。

所有者

実際に使っている私が、体験談をモレ無く伝えたいと思います。

 

先ず、小さなタイプの除雪機と迷っている方。

間違いなく大きいタイプが良いです。

大雪、ドカ雪が降った時に本領発揮します。

毎年必ず雪国は、ドカ雪がありますよね。

しかしこのYSF1070、機種より高く積もった雪も何のその。

積雪70cmをちょっと超えても、ガンガンこなします。

体中がダルくなる雪かきにオサラバしましょう。

2021年12月以降入荷予定 ヤマハ 除雪機 家庭用 YSF1070 10馬力 除雪幅71.5cm YAMAHA YSF-1070

価格:456,627円
(2021/10/2 21:40時点)
感想(3件)

 

高額なんだけど、満足感はどれほど?

大満足です。何の不満もありません。
一見高額で、なかなか手が出せない印象ありますが大満足です。
思い切っただけの満足感は十分あります。

100平米ある駐車場の15㎝溜まった雪も、30分で片付きます。

一人で手作業での雪かきは、2~3時間かかります。
しかも後日、酷い筋肉痛付き。

運動だと思っていても、その日は終日グッタリですよね。

多分翌日も辛い…。

それが20分~30分で終わるので、体が楽チン。
自分の敷地だけで今までは限界でしたが、道路の除雪も何のその。

毎年雪の季節がつらかったのですが、今は怖いもの無し。

昨今は雪の量がまた増え始めてきたので、一台あると助かります。

使わない時期の保存は簡単?

タンクは満タンにして、キャブレターのガソリンを抜きます。
そしてバッテリーの線一つ(+局)を外す。
たったこれだけです。

タンクは中途半端に燃料を入れとくと、内部が錆びがち。
ですので、満タンにして蓋を締めておきます。

後はカバーをかけておくとか、雨除け対策しておけば大丈夫。

これといって面倒なことがなく、所有しやすい除雪機です。

次のシーズンも、バッテリー繋げてキャブの栓を緩めるだけ。

簡単にまた始動させることが出来ます。

YSF1070とYSF1070Tの違いは何?

イージーターンという機能が付いているという所。
私は、付いていない機種を使っていますが不便ないです。
女性にも取り回ししやすい軽さです。

希望小売価格を見てみても、

YSF1070 YSF1070T
税込503,800円
(税抜458,000円)
税込588,500円
(税抜535,000円)

84,700円違えど性能は同じ。
イージーターン機能が無いけど、不便さは感じない。

であれば、YSF1070がおトク感があって良いですよね。

2021年12月以降入荷予定 ヤマハ 除雪機 家庭用 YSF1070 10馬力 除雪幅71.5cm YAMAHA YSF-1070

価格:456,627円
(2021/10/2 21:40時点)
感想(3件)

ブレード(プラウ)は付けたほうが良いの?

ズバリ、いらないと思います。
ブレード(プラウ)は、取り付けたり取り外すのが正直面倒。
雪中は、出来るだけ手袋は取らずに作業したいですよね。

別途料金7万円ほどかかりますが、結局出番は少ないかと。
保管しておくにも場所取るし、地味に重いし。

狭い敷地とかなら必要なのかもしれないですね。

広さに寄りますが、
雪は押すよりは、最初から飛ばした方が手っ取り早いです。

除雪機を所有するメリット・デメリットは何?

デメリットもあれど、メリットの方が断然多いです。
その分、お金を出した甲斐がある一台です。
購入後は、正直後悔はしません。

【メリット】
  1. 突然のドカ雪も、20分もあれば片付く(40坪の広さ)
  2. 次の日は筋肉痛知らず
  3. 隣の人が困っていたら、無理なく助けられる
  4. 操作、手入れが簡単
  5. エンジン音だけど静かだから、家の中にいると気づかない

 

【デメリット】
  1. 税込みで50万円前後の出費は大きい
  2. コンパクトな方だけど、置き場所を選ぶ
  3. 雪が降らない冬は、虚しい

 

“お値段以上~〇〇〇♪”とありますが、YSF1070は当にソレ。

雪があまり降らない冬も、突然のドカ雪はあるものです。

しかもそんな時は、除雪車は待てど待てど来ないし。

どんな時もYSF1070の存在は、心強いものです。

除雪機を購入したら、一緒に揃えたいアイテムはコレ

ラチェットレンチセットとガソリン缶があると便利です。
ラチェットは、バッテリーの線を外しておく時に必要です。
写真のラチェットは、ダイソーで購入しました。

その他にも、除雪機専用のカバーもあります。

YAMAHA ヤマハ 除雪機 カバー M サイズ 車体 YSF860 YSF860-B YT1070 YSF1070 YSF1070T YSF1070T-B 用 QT4-YSK-100-002 除雪機カバー

価格:11,275円
(2021/10/2 21:43時点)
感想(1件)

 

でも、ホームセンターで売っているブルーシートも大丈夫です。

キャタピラー始め、雨が当たらないように保存出来ればOKです。

ガソリン缶は、出来れば20リットルあると良いと思います。

除雪中のガス欠は、あまりに痛いので。

【期間限定セール】ガレージ・ゼロ ガソリン携行缶 横型 20L 赤 GZKK03 /UN規格/消防法適合品/亜鉛メッキ鋼板/ガソリンタンク

価格:2,530円
(2021/10/2 21:44時点)
感想(58件)

故障した時、動かなくなった時はどうするの?

軽トラを所有していない時は、バイク屋さんに電話ですね。
バイク屋さんは、軽トラかトラックは必ずあるので。
多少、料金こそはかかりますが、心強いのがバイク屋さんです。

その他にも、農機具屋さん等も問い合わせ出来ます。

最低でも2年に1度はオイル交換をしておきましょう

出来れば1シーズン終わりには交換しておいた方がいいです。
翌年も使うので、出来なかった時は翌年忘れずに交換しましょう。
オイル交換しないと、除雪機の寿命を縮めるだけです。

オイル交換は、取扱説明書を見ながら自分でも出来ます。

でも、正直面倒な作業でもあります。

その時は、軽トラを所有の方は除雪機を載せてバイク屋さんへ。

軽トラがない人は、バイク屋さんに問い合わせてみましょう。

農機具屋さんでもやってくれると思います。

多少お金がかかっても、やってもらった方が楽ですよ。

毎年、雪が積もる頃は注文殺到で買えない

今欲しい!という時ほど、入荷待ちで暫く手に入りません。
ホームセンターに売っている除雪機でも売り切れる程です。
そういう観点から今、購入しておくのが賢明です。

私も購入する時は、日本全国どこも在庫無し。
売り切れ状態でした。

手に入るまで、7週間待ちでした。

結局最初のシーズンは、購入したのに手作業での雪かき…

それを見ると、早めの購入をおススメします。

10月後半には、遅くとも購入しておいた方が良いです。

どうせ買うなら馬力の大きい除雪機

除雪機買うなら、馬力の大きいのがおススメ。
小さめの除雪機は、ドカ雪では役に立ちません。
なかなか片付かないし、終いには壊れます。

バイク屋さんて、普段からこの手の機械は使いなれています。

あまり大きくなく、それでいて高性能は何かをよく知っています。

そして、その中でも最安値。

その一台がYSF1070というのが、使ってみて分かりました。

何度も言いますが、納入まで時間がかかるので買うなら今です。

2021年12月以降入荷予定 ヤマハ 除雪機 家庭用 YSF1070 10馬力 除雪幅71.5cm YAMAHA YSF-1070

価格:456,627円
(2021/10/2 21:40時点)
感想(3件)

ヤマハ除雪機“YSF1070”の使い心地、保存は簡単?に詳しく答えます!:まとめ

冒頭でも言いましたが、お値段以上の満足感です。
使ってみてその使いやすさ、維持のし易さを実感します。
ケチってあまり小さな除雪機は、後悔の元です。

私もこのクラスの除雪機を使ってみて体感する素晴らしさ。

冬はもう億劫ではありません。

ドカ雪降ってもキレイな敷地が簡単に出来るので、逆に楽しみ。

ヤマハ除雪機YSF1070を購入する方、絶賛おススメです。

快適な除雪ライフを体感してみてください。

2021年12月以降入荷予定 ヤマハ 除雪機 家庭用 YSF1070 10馬力 除雪幅71.5cm YAMAHA YSF-1070

価格:456,627円
(2021/10/2 21:40時点)
感想(3件)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP